2006年 03月 30日

子供の権利か、親の特権か。

「矜」使った命名認めず 慰謝料請求を棄却

まあね、親としたら子供に素晴らしい名前を付けてやりたいって気持は分かります
まずは、ルールを守りましょうよ。
とりあえず国が人名漢字を用意して、その中から名前をつけましょうってルールがあるんだから、それを守った方がいいんじゃないでしょうか?
どんなに立派な名前でも、ルールを破って強引に押し通した名前が良い名前とは思えないし、たとえどんな素晴らしい名前でも価値が半減してしまうような気がしますけどね。
そんなにその文字で無ければ行けないっていう事であれば、事前に何らかの方法、行政に訴えかけるとか、それこそ事前確認してダメであれば問題提議してみるとか、
方法はあると思うんですけどね。
大人として、親として、もう少し常識ってモノを持った方がいいんじゃ無いでしょうかね。

因みに、私は子供の名前を「遊歩(ゆうほ)」にしたかったのですが、奥さんに瞬刹されてしまいました。(;。;)
[PR]

by gakunagi | 2006-03-30 17:56 | ニュース


<< うんどう、運動。      どうでしょう? >>